• 2017年11月17日

苦労をした人生経験が成功をもたらします

苦労した人生経験が多ければ多いほど、その人の仕事における成功確率が増します。なぜなら、どのような人間も毎回毎回1度の挑戦で成功をするということはないのです。そして、この事から、仕事において失敗をし苦労すればするほど、自分自身が経験していない仕事やプロジェクトを担う時に、どのような事に気をつけたらいいのか、あるいは、その仕事を成功するためには何が不足しているのかが事前に把握できるようになります。また、現時点で自分自身に足りないスキルや経験が存在する事をその時に気づくことができれば、足りない部分を自分ではなく他の従業員や、外注によって補うという選択肢も導き出せるようになります。
対して、仕事において挑戦をしない人は、失敗や苦労などは一切しませんが、仕事人としての成長はなくなってしまいます。失敗という苦い記憶や経験を誰しも持つのは嫌な事です。ですが、そういった経験をせずに歳を取り、不運な事に会社が傾いた時に、運悪く会社から自信の身に不幸な知らせを受けた時に窮地に立たされるのは自分自身ということになります。その日、その日の決断が後々大きな事柄となって自分自身に大きな負担にならないように注意したいです。そして、未来に対して近い目線だけを見ずに、先の先を見据えて積極的にチャレンジすることによって得た、失敗や苦労の人生経験がその人の内面性や仕事に対する予測性を強化し、明るい未来への成功を約束してくれるのです。